やりたい事を達成したいのであれば徹底的に明確なビジョン描こう

やりたい事を達成したいのであれば徹底的に明確なビジョン描こう

自分のやりたいこと、将来のなりたい姿など、ありますか?
それに向かって、毎日行動しているでしょうか?

みなさん、こんにちは!
ひとさん(@hito_tuita)です。

自分のやりたい事に対して、なかなか手につかなかったり、そもそもやりたい事が見つかっていないなど、そんな状態に陥っているのであれば、ぜひ、ここで少し考えて頂ければと思います。

Advertisement

やりたい事が手につかない・・

やりたいことは決まっているけど、忙しくて行動できない、
やろうやろうと思ってはいるけど、なんとなく1日が過ぎている。

そんなことはないでしょうか?

やりたい事が明確ではない?

この場合、自分のやりたいことが明確になっていない可能性があります。

そういった場合は、自分のやりたいことが達成されたときのビジョン(姿)を、
明確に思い描くことをお勧めします。

たとえば以下のような事を思い浮かべてください。

達成した時に・・・

・自分の目に何が映っているか
・どんな事が聞こえるか
・どんなことを言っているか
・どんな場所で
・どんな人にかこまれているか
・どんな匂いがするか
・どんな物を持って、どんな手触りか
・そして、どんな気持ちか

など、

そういったことを、かなり詳細に思い浮かべてください。

やりたい事を徹底的にビジュアル化しよう

例えば自分が起業して成功したいと思っている場合は、
少し大げさでも以下のように思い浮かべると良いです。

夢が叶ったある一日その日は起業して5年目、
50階建てのビルの最上階にある、
広々としたオフィスに引っ越すことができた最初の日だ。お祝いの胡蝶蘭が飾ってあり良い匂いが漂っている。
自分の周りにはスーツを着た有能な部下が
集まっており、口々に「おめでとうございます」などの言葉が聞こえ、
その口調から本当に喜んでくれている事が分かる。
これまでがんばってきた自分の中にある達成感と、
これからも大きくなっていく会社の未来にワクワクする気持で、
人生最良の日はこんな日かと感慨深い気持ちになっている。今は引っ越しを終え、持ち込んだワインで乾杯をしたところ。
充実した気持ちで飲むワインは極上の味だ。

少々バブル期の1シーンのような気もしますが、これが自分だと考えると、とても良い気分になるのではないでしょうか?

Advertisement

まとめ

このように具体的なゴールを思い描く事で、
なりたい姿が具体的に、
かつビジュアル的にも脳に刻み込まれますので、
脳が日常のあらゆる情報から、
目標を達成するために必要なことをピックアップし、
自分の行動も含めて、
自然と目標を達成するように動いていきます。

達成する内容を文字で追うのではなく、
映像で、感情で、思い描く事でモチベーションもあがり、
その結果、「どうしても達成する」という強い気持ちが生まれます。

目標を作ったがどうしてかやる気がでない、
いまいち本気になれない。
といった方は一度お試しください。

それでは。

生き方カテゴリの最新記事