できる範囲で責任を取ろう!

できる範囲で責任を取ろう!

責任、取りたくないですよね?
できればそんな言葉に関わりたくないし、避けたいですね。

こんにちは!ひとさん(@hito_tuita)です。

あなたのまわりに、何らかの役割が回ってきたら、ほとんどの場合、誰かにおしつけて、すべての責任から逃れようとする人はいないでしょうか?
(私や、あなた自身かもしれませんが。。。)

Advertisement

なぜ責任を取りたくないのでしょうか?

基本的には、「面倒くさい」という事が挙げられます。

また、
・失敗したら自分のせい
・知識がない
・若くない
・年齢に達していない
・自信がない
・ほかに適任者がいる

以上の事を理由にするかもしれません。

ただ、いずれにしても面倒でやりたくない事への、後付けの理由に過ぎない事が多いです。

ただ、自分から動かないで、責任を取らない事は本当に面倒くさくないのでしょうか?

責任を取ることは面倒くさい?

人に任せて決断しなかった結果、結局、望んだ通りにならず、

・意図しない事をやる事になった
・やり直した
・追加で仕事増えた

なんて事にならなかったでしょうか?

自分で動かず決定を委ねてしまった結果、結局、さらにめんどくさい事になりかねません。

責任を取らない事でさらに面倒になる事も

また、自分の経験にもならないため、何も良いことはありません。

(自分で動いていれば、結果的にに失敗しても自分の生の経験になるし、学ぶ事ができる)

確かに来るもの全て引き受ける必要はありませんし、人に頼る事も重要な事です。

ただ、全て任せるのではなく、自分の希望通りになるような働きかけが重要です。

任せた人の状況をチェックするなど、あくまで自分の責任を念頭に置いて任せる方が良いでしょう。

人に頼りながらも責任は自分にあると感じる

自分に責任があると考えると、色々な事が逆に自由になる事に気づきます。

責任を取るという事は、人の言いなりになって物事を進めれば必ずしも良い結果になるとは限らない事が分かるからです。

責任を取ることで自由になる

その結果、これまで自分の責任でないからと、言われたままの方法で行っていた事が自分の責任を考える事で、

・もっと効率の良いやり方で出来ないか
・全く別のやり方があるのではないか
・やらない方法もあるのではないか

など自由に発想する事ができるからです。

また、これまで自分の仕事の範囲ではないからと、考えに壁を作っていたことも、自分に責任があると考えた事で、
色々な発想ができるでしょう。

裏を返すと、薄々非効率ではないかと思いながら仕事していたり、上の言った通りやれば自分に問題が無いなど何の責任も感じていないから、そのような動き方になるのだと思います

Advertisement

少しづつ責任の範囲を増やそう

別に人に宣言する必要はありませんが、自分の心の中で、「これは自分の責任だ!」と思う事を、できる範囲で増やしていけば、逆に面倒なことが少なくなり、自由な気持ちになれます。

以上です。

生き方カテゴリの最新記事