ブログのアイデアはブログの下書きに書こう

ブログのアイデアはブログの下書きに書こう

こんにちは!ひとさん(@hito_tuita)です。

ブログのネタに困ってどうにも記事が書けない時はありますよね。

私も、どうにもネタが無くて、無くて、新たな記事が書けない時が、多々あります。

今回は、あなたの為に、新規記事を書き続ける為の『コツ』をお伝えします。

それはズバリ、すでにストックされてブログにしようとしているネタの活用です!

Advertisement

1.ネタはあってもブログに仕上げられない?

仕上げられない

ただ、ストックされるだけで、ブログに載せるところまで行かない。

そんな時には思い浮かんだ事を、ブログの下書きに書いてしまうと良いです。

大抵、思いついたことは、スマホのメモに残したり、エバーノートなどのアプリに書くなど、どこかブログとは別の場所に残しているかと思います。

ネタとしては、断片的な言葉だったり、思いついたキーワードだったり、友達との何気ない会話だったりと、色々な形で保管していると思います。

そして、そこに残すだけで、一向にブログ化に着手できないことがあります。

何故こんな事が起こるのでしょうか?

2.ブログネタがネタのままで終わる理由

完成しない

別の場所に書いただけでは、ネタを思いついた時点の気持ちや、その時に無意識に浮かんでいる言葉など、その時は思いついた言葉のみを書いて、残した気になってしまったと思います。

ただ、後から書いた内容や、メモを見ても『なぜ、こんな事を書いたのか』、書いた内容を見ても全然おもしろくない、役に立つものとは思えないなど、書いた時に考えていた事が思い出せない事があり、無理やりブログに書こうとしても違和感が出てしまいます。

3.アイデアはブログの下書きで少し書き出そう

下書きをしておく

このような事から、色々な場面で思いついた事や、ブログに書こう!と思った事は、その場ですぐにブログの下書きとして、ある程度書き始めてしまいましょう。

特に言葉になっていなくても、周りの状況や雰囲気、その時に同時に考えた事や、特に感情などをそのまま保存しておくと、スムーズに記事にできます。

このようにすれば、まず伝えたいコアな部分が残せますし、それ以上思いつかなくても、そのままブログに載せてしまう事ができます。

Advertisement

4.まとめ

これまでアイデアやメモなどを書いても無駄にしてしまったり、上手く活用できなかった方は、今回の方法を利用して、ブログ作成の役にたてばと思います。

私の場合は、その時の感情を書いておくと、割とその時の事が頭の中に思い起こされるので、やはり記憶と感情は密接につながっているのではと思う次第です。

尚、それでも『なんで書いたか分からない』となり、使えなくなったと思ったネタについても、無理やり書き始めてみると、意外と頭に色々と浮かんで来るものです。

その時に考えた事ではないかもしれませんが、自分が気になったフレーズやキーワードなので、しばらく考えていくと違った発想で、アイデアが浮かぶ場合もあります。

とは言え、『アイデアはナマモノ』なので、しまい込まずに直ぐに使い切りましょう!

以上です。

ブログ書き方カテゴリの最新記事