マンガで分かるビジネス

マンガで分かるビジネス

みなさんマンガ好きでしょうか?
私は好きです。大好きです。

時間さえあれば漫画喫茶に行って、何時間でも色々読みふけってしまいます。

ただ、面白い反面、あまり読み過ぎると、後になって時間が無駄だったと感じたり、もっと有意義な時間の使い方があったのではと思い悩んでしまう事はないでしょうか?

 

こんにちは!ひとさん(@hito_tuita)です。

現在では、そういったニーズに答えるべく、ビジネス的な仕事の内容をマンガ風にアレンジしたものがありますので、万が一読み過ぎても後悔することはないです。ビジネスの勉強なのですから。

それでは紹介します。

Advertisement

1.インベスターZ

ビジネスと言いながらも、一番最初に紹介するのが学園物です。
ただ、この本は投資についての姿勢や考え方を、初心者の主人公と共に段階を追って学ぶ事ができる為、これから投資を行おうとする方に、お勧めです。

 

2.エンゼルバンク

同じく「三田紀房」さんの作品です。

この方はビジネスマンガを多く書かれいますが、同じ視点のものは一つも無く、いつも新鮮な気持ちで読めます。

この本では転職を扱っており、転職する場合の考え方やリスクなどを、分かりやすく丁寧に書かれており、それでいて、マンガとして面白く読めます。転職を考えている方は必読です。

 

3.マネーの拳

やはり「三田紀房」さんの作品。これはボクサーだった主人公が起業し、会社をどんどん大きくして行きますが、その中で直面する問題やトラブルの解決など参考になる部分がかなりあります。

最終的には会社の乗っ取りの話など、規模が大きくなってしまい自分のビジネス感よりも先に進んでしまう部分がありますが、内容的に面白く、為になるのでお勧めです。

 

4.銀の匙

学園ものですが、同級生が農家や酪農を行っている中での問題点や、主人公も起業して行きます。

この中で直面する問題や、トラブルを対応していく姿がかなり勉強になります。また割と簡単に企業に踏み切っているように思えるのは、昔と違って起業自体は簡単にできる事と、ただ起業しただけでは、好きなだけでは、存続できない事が伝わってきます。

5.天才柳沢教授の生活

大学の教授である柳沢教授は、真面目で規則正しく、周りから尊敬されているが一風変わった人間であり、疑問があると解消せずにはいられない性分で、毎回色々な騒動が起こります。
まじめすぎる為、あまり現実的では無いと思う一方、何故か一番人間らしい人ではと矛盾した気持になります。
この漫画に出てくる人たちは一人一人が人間的な感情の問題があり、そこを主人公が介入する事で、落ち着いていくような話が多くあります。そのような心の交流はビジネスにおいても必須かと思います。

Advertisement

まとめ

普通の活字ばかりのビジネス的な本は読まず、マンガしか読まない方でも、
こういった本であれば、ビジネスの考え方や生き方が参考にできるのでは無いでしょうか?

しかも面白ければ『勉強した』という気持ちも芽生えるし、漫画を読んだ満足感もあって良いです。

そして、何より本当に勉強となりますので、一石何丁かになりますね!。

それでは!

ビジネス書レビューカテゴリの最新記事