睡眠時間を最適化してスッキリしよう!

睡眠時間を最適化してスッキリしよう!

みなさん。ちゃんと寝てますか?

一定量の睡眠を取らないと人間として、著しくパフォーマンスが下がるそうです。

睡眠を削ることで、長生き出来るのではないかと考える方もいるようです。

 

こんにちは!ひとさん(@hito_tuita)です。

ここ最近、ちゃんと寝ているでしょうか?

今は会社が終わって帰ってからも色々とやらないといけない事もあるし、
色々とやりたい事もあるかと思いますので、割と睡眠時間を削ってそのような時間に充てている人が多いですね。(僕もその一人!)

Advertisement

起きている時間が長ければ人生を長く生きている事になる?

眠らなければと思う

起きている時間が生きている時間という考え方もあります。

1日8時間の睡眠を6時間に減らすと、1日2時間活動する時間が増えます。

そうすると1ヶ月で60時間、1年で720時間増えます。

つまり1日2時間睡眠時間が減れば、1年で1ヶ月もやれる事が増える、長生き出来ると考えられるようです。

12年で1年長生きになる計算になるので、一見お得のようです。

但し、起きている間の生活の質はどうでしょうか?

どれだけ寝れば良いパフォーマンスを得られるかは人によって違います。

6時間でも良いですし、人によっては4時間でも良いかもしれません。

だとすると睡眠時間は、短ければ短いほど良いのでしょうか?

睡眠は短ければ良いのか?

仕上げられない

自分の尺度で、自分は6時間の睡眠で良いとか、4時間の睡眠で良いという場合もあるでしょう。

もしかしたら、それで良いかもしれませんし、それだけ長い間起きていられるので、人生のコストパフォーマンスは良いと言えるのかもしれません。

ただ、睡眠には、色々な効果があることも知られています。

睡眠の効果

睡眠の効果

体に良いホルモンの分泌、例えば成長ホルモンなど、睡眠時に多くでる事が分かっています。

また、睡眠をとることで脳が整理され、不要なものが排除され必要な事のみ脳に蓄積されているといいます。

ストレス解消として前日の不快な思い出を緩和し、あまり思い出さなくても良いようになっている事もあります。

そうすると睡眠は無駄な時間で無く、むしろ起きている時間を有効に活用するための必要時間とも言え、貴重な時間とも言えます。

色々な書籍でどれくらいの睡眠が必要だとか書いていますが、今のところ何時間が適切なのかは不明なままです。

自分で最適な睡眠時間を調べてみよう

自分の最適な睡眠時間を調査

但し、自分で研究できるかと思いますので、朝、起きてみてスッキリして眠気を感じなければ、それがあなたの最適な睡眠時間になるかと思います。
(寝すぎても、スッキリせず寝足りないと思う事もあります)

ただ、一般的には8時間寝れれば、十分なようです。
(子供は違いますが)

Advertisement

まとめ

自分にとって、どれだけ睡眠の時間が必要なのかは他人には分かりません。

テレビやネットで色々な説が出ています。

但し、あなたが起きている時間と同じように、寝ている時間も価値ある時間ですので、

・寝る時間
・睡眠時間(寝ている時間)
・家の中のどこが一番寝やすいか
・枕はどの向きが良いか

など、一度自分の睡眠について深く考えて試してもらうと、きっと自分の最適な睡眠条件が分かるので、良い睡眠ライフを満喫してくださいね!

それでは!。

健康カテゴリの最新記事