100のやりたい事リストを作ろう!

100のやりたい事リストを作ろう!

突然ですが、あなたの人生の目的って何ですか?

こんにちは!ひとさん(@hito_tuita)です。

のっけから深刻な話ですが、割と『特に考えて無いな〜』って事が多いのではないでしょうか?

もしくは、ずっと考えているけど、いまいち決めきれない。

そのまま日々を過ごしてしまっていると言う場合も、あるかと思います。

Advertisement

やりたい事の100のリストを作ろう!

そんな場合は、『やりたい事の100のリスト』を、作ってみましょう!

『やりたい事が思い浮かばないのに、100もリストを作れるわけないじゃないか!』

と言われそうですが、「少しでもやりたいかな」、とか、気になる事があれば、考えずに何でも書きましょう。

最初はそれほどやりたい事なの?ってものでも、書いて行く事で、どんどん自分の中で整理されてきます。

100個書いた後では、きっとその中にやりたい事がいくつかあるかと思います。

やりたい事が無い場合は欲しい物を書こう!

それでも、やりたい事が書けない場合は、ズバリ、『欲しいもの』を書きましょう!

欲しいものを手に入れた後は何をしたいでしょうか?

例えば車であれば、今度はどこかにドライブに行きたくなるでしょう。

服やカバンであればそれを身につけて、どこに行きたいかです。

また、パソコンが欲しい! というのであれば、実はプログラムを作成したり、イラストを書いたりしたいのではないでしょうか?

このように物欲から考えて行くと、案外やりたい事と結びついている場合があります。

やりたい事の中でラベル付けをしよう

100個書いた後に、それらのやりたい事をラベル付けしましょう!

A:すぐにやりたい事

B:もう少し時間を置いてからやりたい

C:ほぼ無理だけどいつかはやってみたい

このように考えると自分の中で優先度が設定されるので、どのやりたい事を優先するのかが整理できます。

やりたい事のイメージをふくらまそう

上記で「A」とした「やりたい事」としたものについては、どこまでイメージできているでしょうか?

人は自分がイメージできるものに関しては、達成率が上がるそうです。

それは、そうですよね。自分の望みが詳細になっていない場合は、なにをどうするか、どこに力を使うかを明確化できないですよね。

ですので、例えば「車が欲しい」だったら、どこのメーカの何という車種で、色は何でグレードは何というところまで決めましょう。

そして、その車に乗っているところまでイメージしましょう。

潜在意識の力を借りよう

そこまで行くと、願望が脳に伝わって、潜在意識の力で願望が達成し易くなります。

脳に自分がやりたい事がイメージで伝わると、潜在意識でそれを達成する為にはどうすれば良いかを、一生懸命考えるようです。

そして、これまで見過ごしていた、目標に関わる情報を拾い上げる事をするので、なんだか自分がイメージした欲しいものの情報がいつのまにか集まってくると感じ、その結果、欲しいものを手に入れやすくなるのです。

Advertisement

まとめ

やりたい事が明確になれば、毎日の仕事もやりたい事に対して積極的になります。

今の仕事に関係なければ、やっている事効率化し、仕事を早く終わらせて、アフターファイブで活動したり、
転職の為に勉強する事が次の行動として出てきます。

これまで、何となく生きてきたな~と思っている場合は、100のリストを書くことで、積極的に過ごす事ができるのではないでしょうか?

ぜひ、やりたい事の100のリストを作ってみてください!

やりたい事カテゴリの最新記事